トピックス

不妊治療の保険適用について

Topics

はじめに

令和4年度(2022年度)4月より、タイミング療法、人工授精、体外受精、顕微授精、胚移植、融解胚移植が保険適用となり、当院でも自費診療とは別に保険診療を行っております。

しかしながら、保険で出来る治療・検査には制限がかけられています。今までお受け頂いていた治療全てが保険適用になるとは限らず、薬、注射の仕様、治療が一部制限されることになります。
保険適用制度については、まだ検討中の内容も多く、現在まだ不確定な内容もございます。保険診療を選択されるか自費診療を選択されるかにつきましては、当院スタッフにもご相談の上、患者様ご自身で充分にご検討ください。

不妊治療 保険適用の当院の方針について

現時点における保険適用に関する情報および当院の方針を示させていただきます。

詳しくはこちらよりご覧ください。